ゲストへ感謝が伝わるエンドロールムービー

結婚式の披露宴の最後、主役の二人が退場してから会場で流れるのが「エンドロールムービー」です。このエンドロールムービーは出席してもらったゲストの名前を載せ、そこに合わせて映像が流されるというものが多いようです。

エンドロールムービーは自分で作成する場合と式場や映像作成を行う業者が作る場合があります。前者は自分で映像を用意し、ゲストの名前を打ち込んでいって作成します。後者は出席者の名簿などを業者に渡し、映像は当日の結婚式の様子をムービーにまとめたものが使われることが多いようです。結婚式の一日を振り返る事ができるので、ゲストが感動のシーンを思い出すことができます。また主役の二人だけでなくゲストが映ることも多いので、見ているゲスト同士でも盛り上がります。

エンドロールムービーを作成する際のポイントはずばり出席者の名前を間違えないことです。せっかく感動的なエンドロールが流れている際に、名前が間違っていたら失礼ですし見ている方は気がそれてしまいます。自分で作成する際も業者に出席者名簿を渡す際も、一字一句確認を行い絶対間違いがないようにしましょう。
またゲストの名前だけでなくメッセージも流すこともできます。一人一人にメッセージを添えるのは大変な方は、友達や会社の方などグループごとにメッセージを添えるとよいでしょう。結婚式当日は主役の二人は忙しくゲストと話す時間があまりとれなかったりするので、エンドロールに想いをこめると小さなサプライズになると思います。

もうひとつのポイントは音楽選びです。二人の思い出の曲や、式の雰囲気に合った音楽を選びましょう。バラードなどしっとりした曲にすると感動的なムービーになりますし、楽しい終わり方にしたい場合はアップテンポな曲もおすすめです。業者に頼む場合は使える曲が限られていることが多いので、自分の使いたいものが利用可能かどうかを早めに確認しておくことが大切です。

ムービーは式が終わった後、式場からもらえる場合が多いので二人の一生の記念にもなります。エンドロールによって、結婚式の披露宴を最後まで感動的なものにすることができると思いますので、ぜひ使ってみてください。