結婚式の入場前に上映されるオープニングムービーとは?

結婚式にお呼ばれされると、どんな式だろうとワクワクしますよね。最近では結婚式の披露宴が始まる前に、ゲストのみんなが楽しめるようなオープニングムービーを流すところが増えています。このムービーは式を挙げる二人がいちから手作りする場合や、式場の方で用意する場合など様々です。内容としては主役の二人についての軽い説明をしたり、二人の前撮り写真や結婚式に向けての準備している様子などを流したりするものが多いようです。「本日の披露宴、写真を撮るのは禁止…ではありません」「どんどん騒いでください」などと披露宴についてのお願いを、おもしろおかしく紹介するものもあります。このオープニングムービーが流されることで入場シーンへのみんなの期待が高まりますし、一体感が生まれさらにその場が盛り上がります。

このオープニングムービー、自分で作成する場合にはどのように準備すればよいのでしょうか。実は、パソコンなどに入っている写真編集ソフトやムービーメーカー等のソフトで簡単に作ることができます。自分たちの写真をスライドショーにし、テキストを貼り付けるだけで気軽に作れます。凝りたいという方は専用のムービー作成ソフトで、みんなが盛り上がるような映像を作ってみましょう。ゲストに対し、式に来てくれてたことへの感謝や楽しんでいってほしいという旨のメッセージを入れると印象がよいです。最後はうまく入場シーンへつながるような流れになるようにすると盛り上がります。

自分で編集するのは難しそう…という方は式場にお願いしたり、ネットで動画を作成してくれるサービスなどを利用するのはどうでしょうか。写真や使いたい画像等の素材を何点か渡し、自分の作りたいムービーの印象を伝えるだけで完成度の高いものを作ってもらえます。プロの作成した映像の出来に、ゲストの驚きも大きいはずです。

結婚式を挙げようと考えている方は、ぜひオープニングムービーにもこだわってゲストをより楽しませてあげましょう。きっと盛り上がる披露宴になります。